top of page
  • 執筆者の写真神保町買取センター

ルソー全集 入荷しました

ジャン=ジャック・ルソー(1712年-1778年)は、スイス生まれの哲学者、作家、作曲家であり、フランス啓蒙時代の重要な思想家の一人です。ルソーは人間の自然状態と社会契約の概念を提唱し、彼の著作「エミール」や「社会契約論」は特に有名です。「エミール」では子供の教育と人間の発達について論じ、「社会契約論」では国家と市民の関係を探求しました。ルソーの思想はフランス革命や近代政治思想に大きな影響を与え、彼の強調した自然権と平等の理念は、現代の民主主義の基盤となっています。また、ルソーは個人の感情や内面の表現を重視し、ロマン主義運動にも影響を与えました。彼の作品と思想は現在も広く研究され続けています。

閲覧数:0回0件のコメント

コメント


bottom of page