top of page
  • 執筆者の写真神保町買取センター

三島由紀夫短編、全集、大型本他入荷しました。

三島由紀夫(1925-1970)は、日本の著名な作家、劇作家、政治活動家として知られています。彼の作品は多岐にわたり、戦後日本の精神的・文化的な葛藤を描いたものが多く、その文学スタイルは鋭く、時に挑発的です。代表作には『金閣寺』、『豊饒の海』四部作などがあります。特に『金閣寺』は、日本文学の傑作として広く評価され、金閣寺の放火事件を題材に、人間の美と破壊衝動を深く探求しています。三島はまた、現代日本の精神的衰退を憂い、古典的な武士道精神の復興を訴えました。1970年には、陸上自衛隊の市ヶ谷駐屯地でのクーデター未遂後に割腹自殺を遂げ、その劇的な最期は多くの議論を呼びました。彼の文学と人生は、今なお日本文化と文学界に深い影響を与え続けています。

Yukio Mishima (1925-1970) was a renowned Japanese author, playwright, and political activist. His works often explore post-war Japan's spiritual and cultural struggles, known for their sharp and sometimes provocative style. Famous works include "The Temple of the Golden Pavilion" and the "Sea of Fertility" tetralogy. "The Temple of the Golden Pavilion" is particularly celebrated, delving into the themes of beauty and destruction. Mishima also lamented modern Japan's spiritual decline and advocated for a revival of traditional samurai values. In 1970, after a failed coup attempt, he committed seppuku, a dramatic end that continues to spark discussion. His legacy remains influential in Japanese culture and literature.

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page