top of page
  • 執筆者の写真神保町買取センター

伝統の方に印象派 美術のカタログが大量に入荷しました

印象派は19世紀後半にフランスで始まった美術運動で、光の効果と色彩を強調し、瞬間的な感覚を捉えることを目指しました。モネ、ルノワール、ドガなどの画家が属し、彼らは屋外で直接風景を描く「プレナール」技法を好んで用いました。伝統的な美術規範からの脱却と、日常の瞬間を描くことに重きを置きました。

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page