top of page
  • 執筆者の写真神保町買取センター

宗教関係の書籍を幅広く取り揃えてます!

親鸞(1173-1263)は、日本の鎌倉時代の浄土真宗の開祖である。幼少期に比叡山で修行し、法然の弟子となる。浄土宗の教えを深く学び、専修念仏(南無阿弥陀仏を唱えること)を重視した。法然の死後、親鸞は関東に移住し、布教を行った。彼は僧侶としての位を捨て、「悪人正機説」(悪人こそが救われるべき存在である)を説いた。これにより、仏教を一般民衆に広める一助となった。親鸞の著作『教行信証』は、浄土真宗の根本経典とされ、彼の思想が凝縮されている。彼の教えは現在でも多くの信者に支持され、日本仏教の重要な一派として存続している。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page